読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVELLERS presents きまぐれ小旅行!!!

”世界中の人が世界中を好きになるためのきっかけ作り”TRAVELLERSのメンバーが、毎日日替わりでブログを更新します!!!

本の帯は取っておく派です。

 

 

 

 

「圧倒的無意味な読書体験」

 

 

これ、見つけたら買いませんか??

私は本を買うとき、

基本的に帯買いをします。

本のカバーとは別の

著名人から本の紹介や○○大賞受賞作!!

などが書かれている、

即捨てられそうなあれです。

 

 

「あぁ、まんまとコピーにはまるやつね」

とか言われます。その通り

 

 

 

 

話を戻して。

私がこの秋に読んだ本

f:id:travellersblog:20161104215100j:image

「時をかけるゆとり」

朝井リョウ

 

エッセイ集です。

いつもは小説派なのに翔ごめんね。笑

 

 昨日の記事で翔がわたしは小説!

と予想してくれていました。

travellersblog.hatenablog.com

 

 

 正直。

他に買うか迷った本がある時にこっちを購入して、いざ読もうとすると

すごくくだらないかも…!!!

って思うかもしれません。笑

 

無意味な読書なんだから仕方ない。

 

その時は少し読んで閉じました。笑

 

 

 

しかし…!時は来た。

 

 

「うわ、今日(大学行くのに)何の本持っていこう」

 

「あ!これ読んでない。これでいいか!」

 

 

 

f:id:travellersblog:20161104221255j:image

 これこれこれこれ。

帯買いしてなにが面白いかって、

読み終わったあとにもう一度帯のコピーを見て、

「なるほどそういうことか!」

と思えること。

 

 

「時をかけるゆとり」

すごくどうでもいい。

朝井リョウさんの馬顔とか、

お母さんの笑えるようなエピソードとか。

 

もう一回言うけど

どうでもいい。

 

でも、最高に面白いです。

 

きっとゆとりの私たちもやっているような

ちょっとバカみたいなことが

朝井さんの言葉で最高に面白くなっています。

 

 

私もこんなふうに

お母さんのおバカエピソードある!

書きたい!!!と思ったり思ったり。

 

 

 

でも絶対わたしが書いたら面白くないんですよね。

それこそ、

本当の無意味な読書体験

 出版NG

 

そうなんですよね。

だからこそ、

朝井さんの時をかけるゆとりは

「圧倒的に無意味な読書体験」

 

なるほど。

 

 

最後に

本は帯買いしろ!なのか、

「時をかけるゆとり」いいよ!なのか、

朝井リョウすごいい!なのか、

よくわからなくなってしまいました。

 

ごめんなさい。笑

 

ああ、「何者」の映画みたいな~

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知床ツアー参加者募集中!

詳しくはTRAVELLERSのFacebookページまで

【絶景を見る!】知床ツアー 2017.3.7〜